【AI入門】機械学習とディープラーニングの違いをやさしく解説

機械学習
ぽんず

機械学習?ディープラーニング?聞いたことあるけど…なんだそれ!?

この記事で解決できるお悩み

  • 機械学習とディープラーニングの違いって何?AIの話についていけなくて困っているんだけど…
  • AIの基本を理解したいけど、難しい専門用語ばかりで挫折しそう。もっと簡単に説明してくれないかな?
  • AIスキルが大切なのはわかるけど、具体的に何から始めたらいいの?初心者でも取り組めるの?

皆さん、こんにちは!最近、「AI」という言葉をよく耳にしますよね?

テレビや新聞、インターネットなど、あらゆるところでAI(人工知能)に関する話題が飛び交っています。その中でも特によく出てくるのが「機械学習」「ディープラーニング」という言葉です。

でも、「機械学習って何?」「ディープラーニングとの違いは?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?今日は、この2つの技術の違いを、AIの専門家でなくても理解できるように解説していきます!

機械学習とは?基本から理解しよう

まずは、機械学習について説明しましょう。

機械学習とは、コンピュータにデータを与えて、そのデータから「学習」させる技術です。

人間が細かいルールをすべてプログラムするのではなく、コンピュータ自身がデータから規則性やパターンを見つけ出し、判断や予測を行えるようになります。

例えば、スパムメールの判別を考えてみましょう。

  1. たくさんのメールデータを用意する(スパムメールと正常なメール)
  2. それぞれのメールの特徴(使われている単語、送信元など)を機械学習モデルに学習させる
  3. 新しいメールが来たとき、学習した特徴を基にスパムかどうかを判断する

このように、データから学習し、新しい状況に対応できるようになるのが機械学習の特徴です。

ディープラーニングとは?機械学習の発展形

次に、ディープラーニングについて見ていきましょう。

ディープラーニング(深層学習)は、機械学習の一種で、より複雑で高度な学習を行う技術です。

人間の脳の仕組みを模倣した「ニューラルネットワーク」という構造を使い、大量のデータから自動的に特徴を抽出し学習します。

ディープラーニングの特徴は、以下の通りです

  • 大量のデータを扱える
  • 複雑なパターンを認識できる
  • 人間の介入なしに特徴抽出ができる

例えば、画像認識の場合:

  1. 大量の画像データを用意する
  2. ディープラーニングモデルに画像を入力する
  3. モデルが自動的に画像の特徴(エッジ、形、色など)を学習する
  4. 新しい画像を見せると、学習した特徴を基に何が写っているかを判断できる

機械学習とディープラーニングの主な違い

では、機械学習とディープラーニングの主な違いについて、具体的に見ていきましょう。

1. データの扱い方

機械学習

人間が特徴を抽出し、それをもとに学習します。 補足:例えば、犬の画像を認識する場合、人間が「耳の形」「尾の長さ」「体の大きさ」などの特徴を事前に定義します。機械はこれらの特徴をもとに学習を行います。

ディープラーニング

生のデータから自動的に特徴を抽出し学習します。 補足:同じく犬の画像認識の場合、ディープラーニングでは画像データをそのまま入力します。システムが自動的に「耳の形」「尾の長さ」などの特徴を見つけ出し、さらに人間が気づかないような細かい特徴も抽出して学習します。

例えば、手書き文字の認識を考えてみましょう。機械学習では、文字の形や線の特徴を人間が定義し、それをもとに学習します。

一方、ディープラーニングでは、文字の画像データをそのまま与えるだけで、自動的に特徴を見つけ出して学習します。

2. 必要なデータ量

機械学習

比較的少ないデータでも学習可能です。 補足:例えば、メールがスパムかどうかを判断するシステムの場合、数千件程度のメールデータがあれば、ある程度の精度で判断できるモデルを作ることができます。

ディープラーニング

大量のデータが必要です。 補足:画像認識の例では、数万から数百万枚の画像データが必要になることがあります。例えば、GoogleのAlphaGoは大量の囲碁の対局データを学習することで、人間のトッププレイヤーを超える能力を獲得しました。

機械学習は人間が特徴を定義するため、少ないデータでもある程度の学習が可能です。しかし、ディープラーニングは自動的に特徴を抽出するため、より多くのデータが必要になります。

3. 計算リソース

機械学習

比較的少ない計算リソースで実行可能です。 一般的なパソコンでも機械学習のモデルを作成し、実行することができます。例えば、エクセルのデータを使って顧客の購買傾向を予測するような比較的シンプルな機械学習モデルなら、標準的なノートPCでも十分に処理できます。

ディープラーニング

大量の計算リソースが必要です。ディープラーニングの学習には、高性能なGPU(グラフィックス処理装置)を搭載した専用のコンピューターが必要になることが多いです。例えば、自動運転車の画像認識システムの開発には、数百台のGPUを搭載した大規模なコンピューターシステムが使用されることがあります。

ディープラーニングは複雑なニューラルネットワークを使うため、学習に非常に多くの計算リソースが必要になります。そのため、高性能なGPU(グラフィックス処理装置)を使うことが一般的です。

4. 精度と複雑さ

機械学習

比較的シンプルな問題に適しています。 例えば、住宅の価格予測モデルを作る場合、「広さ」「駅からの距離」「築年数」など、限られた特徴から予測を行います。このような比較的単純な関係性を見出す問題に適しています。

ディープラーニング

複雑な問題や大規模なデータセットに適しています。例えば、自然言語処理の分野では、文章の意味や文脈を理解するような複雑なタスクにディープラーニングが使われます。GoogleのBERTという技術は、大量のテキストデータから言語の深い理解を学習し、質問応答や感情分析などの高度なタスクを可能にしています。

機械学習は、スパムメール判別や簡単な予測モデルなど、比較的シンプルな問題に適しています。一方、ディープラーニングは画像認識や自然言語処理など、より複雑で大規模なデータを扱う問題に威力を発揮します。

5. 解釈可能性

機械学習

モデルの判断プロセスが比較的理解しやすいです。 例えば、決定木という機械学習の手法では、「もし年収が500万円以上で、年齢が30歳以上なら、ローンを承認する」というような、人間が理解しやすいルールを自動的に作り出します。これにより、なぜその判断に至ったのかを説明することができます。

ディープラーニング

判断プロセスがブラックボックス化しやすく、解釈が難しいです。例えば、顔認識システムの場合、なぜその人物だと判断したのかを明確に説明することが難しいです。システムは数百万の重みづけされたニューロン間の複雑な相互作用に基づいて判断を下すため、その過程を人間が理解可能な形で説明することが困難です。

機械学習のモデルは、どのような特徴に基づいて判断しているかが比較的わかりやすいです。しかし、ディープラーニングは複雑なニューラルネットワークを使うため、どのような過程で判断に至ったのかを理解するのが難しい場合があります。

4. 実例で見る機械学習とディープラーニングの違い

ここで、具体的な例を通じて、機械学習とディープラーニングの違いをより深く理解しましょう。

例1:ペットの犬か猫かを判別する

機械学習の場合

  1. 人間が特徴を決める(耳の形、鼻の形、体のサイズなど)
  2. これらの特徴を数値化したデータを用意
  3. 機械学習アルゴリズムで学習
  4. 新しい画像が来たら、学習した特徴を基に犬か猫かを判断

ディープラーニングの場合

  1. 大量の犬と猫の画像を用意
  2. ディープラーニングモデルに画像を入力
  3. モデルが自動的に特徴を抽出して学習
  4. 新しい画像が来たら、学習した特徴を基に犬か猫かを判断

例2:音声認識

機械学習の場合

  1. 人間が音声の特徴を決める(音の高さ、長さ、パターンなど)
  2. これらの特徴を数値化したデータを用意
  3. 機械学習アルゴリズムで学習
  4. 新しい音声が入力されたら、学習した特徴を基に言葉を認識

ディープラーニングの場合

  1. 大量の音声データと対応するテキストデータを用意
  2. ディープラーニングモデルにデータを入力
  3. モデルが自動的に音声の特徴を抽出して学習
  4. 新しい音声が入力されたら、学習した特徴を基に言葉を認識

5. AIスキル習得の重要性

ここまで見てきたように、機械学習とディープラーニングは現代のAI技術の中核を成しています。これらの技術は、ビジネス、医療、教育など、様々な分野で革新をもたらしています。

そのため、これらのAI技術に関するスキルを身につけることは、将来のキャリアにとって非常に重要です。

例えば、

  • プログラマーやデータサイエンティストとしてAI開発に携わる
  • マーケティング担当者としてAIを活用した顧客分析を行う
  • 医療関係者としてAIを用いた診断支援システムを利用する

など、多くの職種でAIスキルが求められるようになっています。

6. まとめと今後の展望

機械学習とディープラーニング、どちらも素晴らしい技術ですが、それぞれに長所と短所があります。実際の応用では、タスクの複雑さ、利用可能なデータ量、必要な精度などを考慮して、適切な技術を選択することが重要です。

今後、AIはますます進化し、私たちの生活に深く関わってくることでしょう。

  • より高度な自動運転車の実現
  • 個別化医療の進展
  • 自然言語処理による多言語コミュニケーションの向上

などが期待されています。

AIの世界は日々進化しており、学ぶべきことがたくさんあります。もし皆さんがAIについてもっと詳しく知りたい、あるいはAIスキルを身につけたいと思ったら、オンライン学習プラットフォームやAI関連の書籍などをチェックしてみてください。

いやいや、もっと初心者ガイド的なのないの!?って方のために記事もまとめてます。2053年までのAI未来予測もまとめました!

AIとは?

また、AIを活用したキャリアアップに興味がある方には、AI技術を使った就職支援サービス「AI就活ナビ」がおすすめです。AIが皆さんのスキルと興味を分析し、最適な求人をマッチングしてくれます。詳しくはこちらをご覧ください。

こちら障害特性を活かした新しいキャリアの選択を作る就労移行支援サービス。

該当しない場合でも、有料のオンライン学習サービスがありますので、ぜひチェックを。こうした信頼した企業のサービスはすごく安心ですね。

AIの世界は広大で、可能性に満ちています。この記事が、皆さんのAI理解の第一歩となり、さらなる探求のきっかけになれば幸いです。一緒にAIの未来を築いていきましょう!